読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまいちのランニングメモ

サブ3目指して日々の練習記録、大会のメモ、ランニングに関する雑記を書いていきます、

救急搬送

10月31日(月)

この日は振替お休み。

昨日、月例川崎で10kmをガチで走ったので、今日は60分LSDのつもりで家を出た。

小金井公園に行くつもりでいたが、途中で渡る横断歩道が赤信号だったので、

玉川上水沿いをそまま小金井方面に進んだ。2kmくらい行ったら、なぜか、

急に、目の前が揺れ始めた。少し歩いたら収まったので、走り始めた。

しばらくしてまた揺れ始めた。また歩いたが今度は収まらない。

ターンして自宅に戻ることにしたが、揺れがすごくなってきて、歩いていてもフラフラ。玉川上水沿いの土手には鉄柵があるのでそれにつかまりながら歩いた。

だんだん吐き気もしてきた。

で、梶野橋のあたりで、道路を渡るときに、何かにつかまって歩かないと渡れない感じになってきていた。これはダメだ。

仕方ない。119番して救急車に来てもらった。近くの徳洲会病院に搬送してもらった。

脳のMRIを撮ってもらったり、心電図、心臓のエコーと調べてもらったが、

異常なし。

大病ではない。原因やこれがなんなのかはわからないと言われた。こういう、よくわからないことはよくあること。強いて言えば疲れが溜まっているのが原因かも。と。

しばらく、点滴を打ちながら寝ていたが、4時間たったので、帰るか入院するかどちらかだと言われ、帰ることに。

タクシー呼んでタクシーに乗って座ったら急に吐き気が。。。。

運転手さんに出発まってもらって、タクシーの外に出たら、その場ですぐに嘔吐。

ランニングの帽子しかなかったので、その中に放出。

看護師さんが病院から出てきてくれてビニール袋を持ってきてくれたので、

帽子を入れて渡して処分をお願いした。

もう、5年位使っていた愛着のある帽子だったが、ここでお別れとなってしまった。

ということで、その週は木曜日までお仕事を休んだ。

結局、脳や心臓は大丈夫なので末梢に障害が起きている。これは耳鼻科だ。

ということで、紹介状を書いてもらって日赤病院へ。

耳鼻科の専門医によると、「前庭神経炎」とのこと。

前庭というバランスを保つ器官と神経とがつながっている節が炎症を起こしている。

大人はみんなこの節にウィルスを持っているが、免疫力で押さえ込んでいる。

免疫力が何らかの原因で低下したのでこうなったとのこと。

原因として考えられるのは、疲労、睡眠不足、ストレス。

3週間後の11/18に予約、そこまでは運動はしないように。

ということで、11/1から11/18まで18日間全く走らなかった。